Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

熟年離婚

category - テレビ&映画
2005/ 12/ 29
                 
この間に「熟年離婚」というドラマは流行っていたらしい・・・しかも調べによると、関西の視聴率の方が関東の高かったみたい。
ちょうど学校の福井先生も授業で「熟年離婚」に関することを教えてくれたんので、私もちょっと「熟年離婚」について書いてみたいと思う。
**********************************************************
   時代が進んでいるにつれて、法律上のみならず、社会上にも女性の地位が向上していると見えます。ここ数年日本で「熟年離婚」という社会問題は、女性の地位向上に深い関係があるといえるでしょう。
   熟年離婚というのは、40代後半や定年間近の50代から60代の夫婦の離婚である。そして、いくつかの特徴がある。第一に、熟年離婚の場合は、主導権を握るのは妻の方である。第二に、夫は大体「会社人間」の方が多いことである。第三に、財政的に妻が夫に頼らなくても生活できるの方が多いことである。最後に、妻の方が自分の生き甲斐を考え直すことである。去年の年金法の改正によると、離婚後に厚生年金が分割できることとなった。というのは、これから熟年離婚の数は必ずどんどん増えてきて、もっと深刻な社会問題になるに違いない。
   私の国ー台湾では、結婚に関する深刻な社会問題は「熟年離婚」ではなくて、「外籍新娘(=外国人花嫁)」である。外籍新娘というのは、業者を通じて東南アジアか中国大陸などの貧苦地区から台湾へ結婚しにきた女性のことである。今の台湾女性の地位もどんどん向上していることがあって、農家の後継者や年寄りで退役軍人たちにとって、外籍新娘の方が若くて、従順で大変な仕事もできるので選んだ。しかしながら、外籍新娘の数が増えているにつれて、子供の教育問題も複雑になって、中国語学の能力が低下しているという意見も提出された。
   熟年離婚といい、外籍新娘といい、これからの問題は、もう個人の問題だけでなく、深刻な社会問題にもなったいるので、日々変化している社会に応じて社会規則も改定された方が良いと思われる一方、現代人としても真剣に考えるべき問題である。
  
**********************************************************
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

日本での熟年離婚の原因は、結婚してからの女性の扱いがあまり良くないからかもしれません。夫や子供の世話に明け暮れ、毎日が家政婦の様で自分の時間が失われ、旦那さんにも女性として扱われなくなったりして・・・中には旦那さんが家事に協力的なトコもありますが。
今は不景気で家計を助ける為に奥さんも働くのが当たり前のようになってるのに、旦那さんは非協力的。
だから子供が自立したら、第二の人生として自分の時間を楽しみたいと思う女性が増えてるんだと思います。
コレと同様に結婚しない若い人が増えているのも問題ですね(^^;
桜さんへ
そうですね~なんか離婚についていろいろな問題がありますね。
この間テレビを見て、今年の日本の芸能界で結婚する人もたくさんいれば、さまさまな原因で離婚した人もいます・・・
期末試験はこれについて書いてみたいので、桜さんのコメントは凄く役に立つと思います☆
本当にありがとうございます(^^)
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。