Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

ケイタイのメールのやりとり

category - 遊び&体験
2005/ 11/ 13
                 
昨日の午後二時ぐらいまたとよなか国際交流センターへ行きました。
「日本語会話教室」と「サポートマーケット」があって、そして中国の友達がすごく行きたいので、私が連れてあげました。
元々坊ちゃん(地元だし)にも誘いたいけど、彼は来年の受験に関する書類を取るため来られません。残念・・・

「日本語会話教室」で皆さんは自己紹介してから、私はすぐあるオジサンにつかまれて、いろいろな質問にされました。
どうやらオジサンは初めて台湾からの留学生に会うから、好奇心を持っているようです。

それで、もう1人のオジサンは中国語が上手いんで、帰るとき私達と同じ電車を乗ったから、ずっと話してくれました。
話が弾んだと思ったら、なぜか電車の中で中国語と日本語の「汚い言葉」(←オジサン自分で言った)を教え始めました
でも、私の位置がちょっと離れてましたから、実はオジサンが何を言ったかあまり聞こえません・・・

寮に帰って、晩ご飯を食べながらタイからのジャーさんとを見に行く時間と相談しました。
「ツジくんに誘ってみて?」
「あ・・・分かった。じゃ、ジャーも他の男の子を誘ってよ!」
というわけで、部屋に帰ってツジくんにメールしました。
10分後、メールの音が鳴って、ツジくんの返事メールだと思いきや・・・坊ちゃんからのメールでした。
「今日は日本語教室どうやった??・・・」
「楽しかったけど、ずっとあるオジサンに質問されて、今mouthが疲れた(笑)・・・」と返事。
その後、坊ちゃんのメールまた来て、このようなメールのやりとりがなんと一時間半近く続きました。『自分はいったい何をしてるの?』と思わず考えました。
そして、自ら"メールのやりとりを強制停止"しました。(汗)
彼は翌日(あるいは今日)試験があったのに、ずっとメールしてくれて、本当に勉強大丈夫ですか?

まぁ、坊ちゃんのことは置いといて、私にとってなんと言っても一番気になるのはやっぱりツジくんの返事です。
ずっと待て、待て、待て・・・寝てしまいました。
でも、今までまだ返事が来ません・・・・・・>"<
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。