Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

多分

category - つぶやき
2010/ 10/ 30
                 
最初は先輩としての憧れだったが、
時間が経つに連れて、多分あの人を好きになったかもと考え始めた。
それに、あの人も多分私のことが好きなのかも?

今年に入って、何回かの食事会があり、料理を分けてくれたり、そこでさりげなく褒めてくれたり、
『もともとカワイイけど、今日アイシャドウとかイヤリングとか、なんかもっとかわいくなった。』
『最近綺麗になったね。何があったの?』みたいな・・・

私のことを本当にそう思っているのと疑いながら、
ある日の食事会であるお客様(先輩とは長いお知り合いだそうで)に
『なんか褒めるばかりで、きっとHikaruちゃんの事を相当気に入ってる様だね』って言われた。

まさか!と笑いながら誤魔化そうと思ったところ、先輩は笑っただけで否定はしなかった・・・

別に先輩に優しくされてから好きになり始めたわけではないが、
本当に私のことも好きになってくれれば嬉しいだけど、
やはりす~ごく不思議な感じでいっぱいだと思う。

先輩と言っても、年の差は15才以上だ。

            

しかも、単身赴任の既婚者

いつの時代だって、年の離れていカップルや夫婦はもちろん居るが、
実際に自分より15才年上の男性を好きになったら、さすがに自分もビックリするよ~!
(先輩は見た目が実の年齢より若く見えるけど)

私達の住む場所は近いが、普段はそれぞれ違う道で帰る。
でも部内何人かの食事会があったら、終わった後ほとんど一緒に帰ってくれて、
仕事に関する愚痴を言ったり、サラリーマン生活?の面白いことを教えてくれたりして、
最後はある交差点でお互いに『お休みなさい』『お休み』って言って別れるのはいつものパターン。
(なんかドラマのワンシーンになってない?)

『最近めちゃ疲れてるーただの報告でわざわざ海外出張に行くのが嫌だなー』
『そうだね~報告だったらテレビ会議で話したらいいじゃない?』
・・・15才の差?の見えない会話(笑)
意外に話が弾めるかもしれない。
「でもそれって、Hikaruちゃんに甘えているじゃないの?」と友達にも言われたよ。

先輩は自分のよく通っている道で帰れば良いのに、
いつも私のよく通っている道で一緒に帰ってくれて嬉しく感じる。
普段会社で話す機会があまりないから、ただの15分間だけど・・・
この時だけもっと長くなれればいいなぁって常に思ってしまい、もしかして本当に好きなっちゃったかも?

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。