Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

今、勉強中・・・

category - つぶやき
2005/ 06/ 19
                 
朝、日本文学史を勉強してから、
なんか頭が痛くなってきた・・・
            

太宰 治
青森県津軽の大地主の家に生まれた太宰は、そのことに道徳的負い目を感じて戦前からデカダンスの生活を送っていたが、戦後は再び反世間的な姿勢を強め、・・・・・・。『斜陽』(昭和22)で没落する華族を描き、『人間失格』(昭和23)で人間に対する不信と恐怖とを語って、玉川上水に投身自殺した。
from 新日本文学史/文英堂

あさって、日本文学史(近代の文学の部分)の期末試験がある。
さまざまな文学派の中に、またいろいろな個性的な作家があって、それを全部ちゃんと勉強して暗記できたら本当にすごいなぁ~と思う。
その中に、なぜかがわからなくて太宰治さんにいちばん引かれる。
作品はあまり読んだことがないのに・・・
それで、ドラマ『人間失格』との関係がないのに、太宰治さんの作品の紹介を見て、やっぱりドラマに連想しちゃうんです。

そう言えば、ドラマ『人間失格』はほんとうに暗かった。

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

難しいね
イマボックリです。やっぱりあのHikaruさんでしたか。
なかなか難しそうなことをべんきょうしてますね。
私は小学生の頃から勉強が嫌いで本などほとんど読んだことがないんです。
これは知り合いから聞いた話なんで本当かうそかはわからないんですが、太宰治の『人間失格』を呼んで自殺する人がいるほど深い作品らしいです。
こちらに寄らせてもらおうと思ってるのでヨロシク!!
ありがとう!
イマボックリさん、カキコありがとう!
やっと試験が終わった。一応がんばりました。
元々、試験が終わってから図書館で太宰治さんの作品を借りようと思ったが、なんか暗すぎで暫くやめました。心の準備をしなければなりませんね。
良かったら、いつでも来てください。
よろしくお願いします!

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。