Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

玉簪記

category - つぶやき
2009/ 05/ 27
                 
先週の土曜日午後、友達Eちゃんと一緒に『玉簪記の無料講座』に参加した。

玉簪記
昆劇「玉簪記」は5/21~5/24に台湾の国家戲劇院で上演された。
Eちゃんはすごく興味津々で、講座も無料なので一緒に参加することになった。
そこでなんとフィリピンからのファンも居た!
昆劇の新作「玉簪記」を見るために、わざわざ飛行機を乗って台湾まで来ました!

私は見に行ってないが、講座に参加することだけで脚本家白先勇やスタッフやファンの達の情熱が伝わっていることとを十分に感じた

自分もキンキのコンサートを観るために日本に行く経験があったので、そのフィリピンの方の気持ちをすごく分かるわ(笑)

ここで「玉簪記」の紹介を少々:

「玉簪記」の原作は明代の戯曲家、高リエンで、科挙の試験を目指す学生と道教の尼になった許婚との悲恋の物語。学生のパン(さんずいに番の字)必生と尼になった陳妙常との禁断の恋を描いている。昆劇に限らず、京劇、越劇、川劇でも上演されている。

この劇は“投庵”“情挑”“問病”“盗詩”“催試”“秋江”の6場からなっており、3時間にも及ぶ大作である。

参考サイト


館内では「玉簪記」の写真展もあり、興味のある方にはオススメです!


National Theater Hall
↑建物自体が好きなので、国家戲劇院の写真をもう一枚♪(笑)
向かい側に国家音楽庁があって、歌劇や演奏会など行われる場所です。

Purple Flowers
駅に向かう途中で撮った名前の知らない紫の花。
なんか癒された気分~~

            

講座が終わった後、Eちゃんと一緒に永和の韓国街へ。

そこで韓国やタイのインスタントヌードルを発見!
値段は安いので2人もついつい買っちゃった…
↓15パックでなんと約NTD250(=約750円)!
Instant Noodles

美味しそうだけど辛そうね!!

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

NoTitle
突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/scenario-writer/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/scenario-writer/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
bGkUtoje
NoTitle
こんにちは。
ちょくちょく覗かせてもらってます。
紫色の花は「ブルーサルビア」じゃないかと思います。
日本では赤いサルビアを小学校の時に栽培するので
サルビアといえば赤色なのですが、
こちらのブルーサルビアもガーデニングではおなじみの花です。
写真のようにたくさん植えるとラベンダーに似て見えるので人気があります(^^)

国家戲劇院、素敵ですね。
台湾の建物と沖縄の建物ってよく似ていますね。
近いからでしょうか。
京劇なら見たことがありますが、
昆劇というのは初めて知りました。
機会があれば見てみたいです♪
sirubeさんへ
初めまして、sirubeさん。
コメントありがとうございます。

この大雑把なまとめで本当にいいのかなぁと思いながらも、先日相互リンク登録してみました。i-229
登録成功するかどうか自分もちょっと分かりませんが、何か問題がありましたらお教え願います。
宜しくお願い致します。
睦月さんへ
睦月さん、こんにちは!

こんなシンプルなブログ(笑)を見てくださって、そしてコメントも残してくれて、どうもありがとうございます(^^)

そうですね~この花(サルビア)はよく公園とか見かけた覚えがあって、とても可愛らしいお花だと思います。
紫のが一見ラベンダーのように見えましたが、そのときは「五月なのできっとラベンダーじゃないよね」と思ってました。
赤いサルビアも見たことがあると思いますが、何気に紫のほうが好きですw

先ほど教えて頂いた「ブルーサルビア」を検索してみたら、「粉萼鼠尾草」という中国語が出てきました。(こんな難しい漢字を…笑)
漢方薬としても使われているようで、ちょっとビックリしました。

私も昆劇を見たことがありませんが、知っている限りで、伝統演劇も地方により色々な影響を受けたらしくて、京劇・昆劇・川劇などが形成されました。詳しい区別の仕方は知りませんが(汗)
ちなみに、台湾にも「歌仔戲」というのもあります。

また沖縄の建物をネットで検索してみたら、首里城と国家戲劇院の外観は確かに似ているかもしれませんね。
台湾と近いから(日本との距離より近いらしい!?)、きっと昔から歴史や文化もお互いに影響されているでしょうi-184
機会があれば、いつか行ってみたいと思います♪
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。