Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

You are free

category - 友達
2007/ 07/ 20
                 
同期のJさんは仕事をやめた。今日まで。

私達は違う部門に所属して、位置も結構離れているけど、会社でたまに会うといつも楽しく話せる。
同じ背景を持っていることも一つの原因なのかもしれないが。
(彼は去年入社する前に神戸で留学したことがある)

彼の話で励まされたこともあった。
私も彼に感謝している。

で、先週の金曜日に仕事を終わって外を出ようとしたときに彼と偶然に会った。
暫らく会話したあと、

『僕、仕事をやめるわ。来週の金曜日まで。』
『えええええええーーーーーー本当に!?』

彼が所属している部門に大きな問題を抱えていると聞いたことがあるが、まさか彼が仕事をやめるなんて、正直思わなかった。
うちの会社の(営業職)給料は同じ業者では良い方なので、いくら大変な仕事をしても、良い給料を手に入れたいから多少我慢する人がいるじゃないかなぁと思うだけど。
もちろん我慢すればするほど、年齢が増えるとともに、だんだんこの会社から離れなくなる可能性もあると考える。

それなのに、彼はあっさりと仕事をやめると決めた。
しかも2ヶ月前に既に上司に報告済み。
といっても、彼の後任者に関して、今日まではまた面接段階らしい!
彼がまた会社にいるうちに、早く後任者を決めて仕事内容を教えてあげた方が理想的じゃないか?
上位の方は何を考えているのかマジで分からない。

そして、送別会にも兼ねて、昨日彼と他の同期の子3人と一緒に昼ご飯を食べに行った。
途中S子が『年末のボーナスをもらってから仕事をやめたらいいじゃない』と言い出した。
私がJさんだったら、年末のボーナスまでちょっと我慢するかも。

そしたら、Jさんはためらいもなく言った。
『お金はすべてじゃないよ~楽しく働けるといいと思うだけだ。ちなみに、次の仕事はもうすぐ決めるかもよ。もう2回面接も行ったし。』

なるほど!
『お金のために働く』と『自分の意志のために働く』のうちに、あなたは後者を選んだね。
なんか目が覚めたような気分だ。

『おめでとう、明日からYou are freeだ!』他の3人の子は続々と言った。

彼の意思を理解してから、昨日に至って、私もようやく彼に『おめでとう』と言えた。

『おめでとう、You are freeだ!』

自分らしく頑張ってみてください!
また会える日を楽しみにしているわ~
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。