Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

恋愛できないワケは・・・

category - つぶやき
2006/ 12/ 26
                 
仕事始めてからもたまに大学時代の友達Cさんと電話する。
家庭に責任感のない父を持っているCさんに対して、私は自分の家族のことを嫌がっているお婆さんを持っている。
いわゆる家庭問題だ。
似たような似てないような背景を持っている私に、Cさんはよく家庭問題について愚痴る。
Cさんの周りに、たぶん私は一番理解できる人なのかもしれない。
確かに、円満で幸福な家庭の中から育ってきた人には想像しがたい部分はあるじゃないかと思われるが・・・

私達はもうこんな年で彼氏らしき姿すらも見えない。
恋したくないわけじゃないけど、なんかさまざまなものに縛られて恋をしようとしてもできない。
ただの『言い訳』だと思われるかもしれないが・・・

たとえば、自分の家庭にはいろいろな問題が潜んでいる。
『父がなくなっても、自分の兄弟も毎日目標なく何もしないから自分は頑張って稼がないと・・・』
『自分のことを無視してるお婆さんがいる・・・』
『収入が少ないので家計が持たない・・・』
↑このような家庭問題を持っているので、だんだん自分も自信を無くしてしまった。
いわゆる相手を幸せにしてあげる自信。
自分のことだけでいっぱいいっぱいだから、相手を幸せにしてあげられるのか?
それも友達の心配のひとつだ。

『うちは家庭問題だけで辛いわ!いくら母は自分の結婚を望んでいても恋愛なんて考えようにも考えられない。いったん誰かと付き合うことになって、自分の抱えている複雑な家庭問題が相手に知られたらどうしよう?受け入れられるの?・・・だからやっぱり恋しない方がいいかも・・・』
友達はそう言ってくれた。
彼女の気持、私も理解できる。
だって、同じく複雑な家庭問題も抱えているから。
っていうか、うちと同じ問題を持っている人はきっと少ないやろう。
『何でうちの家族はこんな目に遭わなきゃならないの?』ともよく考える。
やっぱり自分のお婆さんを好きになれない。

会社に入ってから、ある日(たぶん某飲み会か食事会で)別の部門の上司に『皆は家族みたいな存在だ!仕事でも家庭でも、何かあったらいつも相談して!協力するよ!』と言われた。
その言葉を聞いて嬉しく思うけど、自分の抱えている家庭問題はあまりにも複雑なので言いにくいんだ。
そのため、恋をしたくてもなかなか踏み出せなくなった。
やっぱり未熟だね、私は。
これからはどうすればもっと楽になれるのかな?
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。