Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

オトコの涙

category - つぶやき
2006/ 12/ 09
                 
返事遅くなってすみません。
木曜日の夜、仕事終わって一人で帰ろうと思ったら、同僚に捕まれて飲み会兼誕生日会に行ってしまった。
お酒を飲みすぎたせいかな・・・うちに帰ってまもなく寝てしまった。

その日、家に帰ろうと思って一階に着いたとたん、
『もう帰るの?じゃ一緒にモンさんの誕生日パーティーに行こうか!』
『え!?私!?いいですよ。っていうか、モンさんとは全く面識がないし・・・』
『大丈夫~大丈夫~行ったら分かるよ!うちの会社は人が多いので(ちなみに200人ぐらい)、新人はこういうのを参加しないと、他の部門の人と知り合いになれないんだよ。』
そう言われて、なんか自分は行かないといけない状態になってしまった。

店に行ったら、まず誕生日の本人(♂)と初対面。
それから、皆が食事しながらカラオケタイムへ。
もちろんお酒も欠かせなかったよ

それから知らないうちに、誰かが『新人も歌え~~~』という声が出た。

            

Σ(゜Д゜)・・・・・・

誰が言った!?出て来い!!つ´∀`)=つ)`Д゜):、:´.・
(笑)
最近の歌も全然唄えないし、こんな場面でどんな歌を唄った方がいいか思いつかなかった。
そんな時、SSさん(♂)に
『「広島の恋」(←ちなみにこれは中国語の歌です^^)は唄えますか?良かったら、僕と一緒に歌えませんか?』
一人で唄うより、誰かと一緒に歌ったほうがマシかな・・・ちょうどこの歌私も歌えると思うし、『いいですね』と答えた。
それで、歌が流れ始めたら、誕生日の本人モンさんはなんとマイクを手に取った。
ということは、私と彼と一緒に歌うことになった。
しかもラブソングだよ・・・

唄ってるうちに、またどっかから『手を繋いで~~』、『見つめあって~~』というリクエストが入ってしまった(汗)
『Hikaruさん、皆はあまりにもうるさいので、もし良ければ、ちょっと手を握らせてもらいませんか?』
モンさんは小さい声で聞いてきた。
このままじゃ、何もしないと皆さんもきっと気がすまないだろうと思って、恐る恐る自分の手を少し出して彼に握られてしまった
曲が終わる前に、繋いでいた手を離した。
『ごめんなさい。でもありがとうね。』とモンさんは言った。

これ以上のことをやらなくて良かった。
っていうか、皆さんは一体何が見たいねん(泣)
恋人同士でもないのに・・・・・・
とにかくはやく新人時期から脱出したいなぁ~~

最後は誕生日ケーキを食べるタイム☆
皆の祝い言葉も絶えなくて、雰囲気もだんだん暖かくなってきた。
誕生日の本人も我慢切れず、つい泣いてしまった。
後で他の人からこう聞いた。
『モンさんのお母さんは三ヶ月前亡くなれたよ。体が弱いから。お父さんももっと前に亡くなれたので・・・・・・』だって。

えぇーー!!
まさかさっき現れた笑顔の後ろに、そんな悲しみを抱えてるとは思わなかった。
こんな時、何をしてあげた方がいいと思ったが、そんなに親しい友人でもないので、事情も詳しくしらないし、最終は皆と一緒に彼の側に居て、ティッシュと水を提供することしかできなかった。
彼もずいぶん我慢してきたじゃないかな。
だから、こんな時に特に我慢できずすごく泣いてたの。
このままずっと泣き続くと、母性本能をくすぐられてしまったらどうしよう~(笑)

ついでに、明日(12月10日)はモンさんの本当の誕生日の日らしい。
本人は見てないと思うが、
28歳の誕生日、おめでとうございます♪♪
悲しみを越えて明るくなろう♪♪
(ノ^^)ノ―――――――※※☆★congratulations!!★☆

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。