Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

銀行の面接

category - 仕事上
2006/ 10/ 31
                 
商学部とかでもないのに、なぜか銀行の面接に行ってみた。

派遣会社からの電話で、
『○○銀行は履歴書を見てから、ぜひお会いしたいものです。現在、同社の内部事情によりポジションは明らかにされていません。面談の際に詳しいお話をされると思いますが、26歳位までで、日本語の優秀な女性というのが、同社の条件です。』
と言ってくれたので、試しに行ってしまった。

今から思うと、どうして何も詳しく知らないまま行ったんだろう?

先週の金曜日に面接に行って、まず日本語と英語で自己紹介することに。
英語はあまり勉強してないから上手く喋れなかった。
本当に超恥ずかしかった。

その後また筆紙試験。
日本語で書かれている数学問題と作文。
こうして真面目に数学問題を解くことは、なぜか昔高校と大学の入学試験を受けた自分のことを思い出させた。
数学はキライじゃないけど、数年ぶりだったので、脳の反応は鈍くなってるとさらに感じた(汗)

その中に、ある問題は『B君の持ってる金額は・・・・・・、ではD君の持ってる残金は・・・・・・』だ。
最初はB君で、最後はD君になってしまった。
本当は大した間違いでもなかったけど、たぶんこの仕事はダメだと思って、半分諦め気味で『B君』と『D君』を○付けて、『?』を書いてしまった。
一応計算の過程も答えも書いたけど、実は元々一番上のところに『仮にD君はB君で』とも書いておこうかなと思ってた。
あまり意味がないんだけど・・・

作文は4つのお題の中から1つを選んで書くこと。
ほとんど金融関係の問題で、何を書けばいいかさっぱりわからん。
唯一あまり関係ないお題『最近一番気になってるニュースとそれについての感想を書いてください』を選んでしまった。
でも私が書いた内容はやっぱり金融とかビジネスとか何の繋がりもなかった。
振り返ってみると我ながら痛い子だわ

しかし驚くことに、今朝○○銀行の二次面接の電話があった。
時間はあさっての朝だけど、大丈夫かな???

今は就職活動の辛さや忙しさをしみじみ感じた。
頑張って乗り越えよう
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。