Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

私には何ができる?

category - 友達
2006/ 10/ 27
                 
最近の記事は就職活動の記録になってるみたい(汗)

今日面談終わってから、大親友の佩盈ちゃんに電話してみた。
元々仕事探しの話をしてみようかなと思ってたけど、佩盈ちゃんはなんか凹んでたみたいで、『どうしたの?』と聞いた。

どうやら仕事場でいきなり先輩に怒られたらしい。
聞いてみたら、佩盈ちゃんは入社した約3ヶ月ぐらいで、また慣れない部分があって、たまにはあまり知らない問題を何度も先輩に聞いたことがある。
それに、会社の上司も先輩も『ズバリ言うわよ』タイプが多いから、よくキツイ言葉で叱るらしい。

『外商での雰囲気はいつもそうなの?なんでもかんでもキツイ言葉で言ってて・・・今日はある先輩に「これからは問題があったとしても聞かないで!」って言われた。明日からどのような態度で接した方がいいかもう分からなくなってきた・・・』

こんな凹んでいる彼女をどうやって上手く慰めた方がいいか分からなかった。
でも、何か役に立てる方法があれば、ぜひやってみたいと本気で思うの!

とはいえ、私もまた会社で正式的に働いたことがないから、外商の雰囲気とか何もかもあまり分からなかったよ。
ごめんね、なんか何も役に立たなくて・・・・・・(涙)

            

悪い例なのかもしれないけど、私は自分が日本での出来事を佩盈ちゃんに教えてみた。

『私は日本でアルバイトした時にも、他の子に「なんで店長が外国人を雇うの!」と言われたことがあるよ。それを聞いた時に頭の中に「なんで外国人がダメなの!?」と考えてた。ちょっとした不愉快なことで逃げたい時もあったけど、私は別に悪いことを何もしてないから、なんでそんな言葉だけで辞めなければならないのと思って、一応我慢して頑張ってきた。悪い例なのかもしれないけど、佩盈ちゃんももうちょっと努力してみれば?』

正直言って、自分の経験はなんか佩盈ちゃんのこととまったく関係ないね。
でも、自分のことを教えるだけで、佩盈ちゃんの気持がちょっとだけでも楽になれたらいいなと思った。
もし今日の出来事を考えれば考えるほど悲しくなるなら、あまり考えないで欲しい。

そんなことを言うものの、いざこういう時、私には何が出来るかな?
私の出来ることなら、何をしてあげてもいいよと思った。

そして私は聞いてみた。

『どうして何度も先輩に同じ問題を聞いてしまうの?』
『それは元々私の仕事の範囲外のことなので、最初先輩の説明を聞いたら分かるけど、時間が経つにつれてやり方も忘れてしまった。でも今日はその範囲外の仕事がもう一度与えられた。そしたら、やり方が思い出せなくてまた先輩に聞いてしまった。私自身も忘れっぽいかも。』
『なるほどね!じゃさぁ~もし大丈夫なら、今度先輩が説明してくれた時に、忘れないようにちょっとメモするのはどう?』
『うん・・・・・・そうだね~分かったわ!今度からメモしてみるね!』

それで、ちょっと納得できたみたい・・・かな!?(汗)

なんというか~
私もまた社会人経験が浅いから、上手く慰めることの出来ない自分に、実はちょっとキライなのだ。
いつも慰められたばかりで、実際に慰めようと思ったときに逆に良い言葉を思い浮かばない。上手くできない。
ただ側で聞いているだけ。

なんでいつもそんなに不器用なんだろう!!

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。