Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

ようやく卒業できました

category - つぶやき
2006/ 09/ 22
                 
日本への交換留学生として一年間の勉強を終えて、そして台湾の先生に単位を認めてもらって、いろいろな手続きをしてからやっと卒業できるようになりました。

卒業証明書をもらった瞬間、複雑な気持でいっぱいだった。
付き合ってもらった友達に『どう?ウキウキでもした?』と聞かれた。
いや~微妙なんだ。ウキウキもしてなかったね。
その一瞬、私は学生から社会人になった。
一応新卒者ということで、経験も何も全部ゼロだ。
不安、緊張、期待・・・さまざまな気持が全部混ざってきた。
頑張って・み・ま・す

皆さんは初めての仕事を探した時は、どんな気持を持っていただろうか?
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

卒業おめでとう!
頑張れ、社会人!かな(笑)

大学卒業、おめでとうございます。
とは言え、就職の事など、不安も多いかと思います。
そちらの景気などは正直どんな感じなのでしょうか?

自分の就職時は、卒業前からセミナーにせっせと通って、何社も入社試験を受けたりで、かなり大変でした。
実際自分にどんな仕事が向いているのか、適性もはっきり掴んでいなかったし、試行錯誤で。
入社する事が目的になってしまう傾向もあったのですが、でも、どんな仕事が出来るのか、自分を常に振り返りながら、頑張った気がします。
Hikaruさんもベストを尽くしてみてください。
辛い時には、ここで愚痴って元気を出してください。
応援しています、乙女。
卒業おめでとうございます
日本では大学3年生、4年生対象に企業が就職セミナーを開いたりするのですが、台湾での就職活動はどんな感じなんでしょう?

私の時と今とでは状況が違うので参考にならないと思いますが
自分は「営業の仕事より事務の仕事に向いている」位しかはっきりしてなくて、事務だったら業種は関係なく福利厚生の整った会社を受けようとかそんな感じでした。
で、食品会社に就職したのですが、なぜ食品会社を受けたかと言うと就職情報誌の始めが食品会社のページだったからです。
そして私が食べることが好きだっていうのも理由のうちです。(適当ですねー)

こんな理由で就職しましたが、与えられた仕事は楽しかったです。
会社に入って、普段の生活では知ることのできないたくさんの仕事があり、社会が成り立っていることを知りました。

最近は就職前に自分の適性を見極めて就職活動する傾向が以前より強いようですが、それは大事なことですが、適正を掴めなくて動けなくなる人もいるようです。
私のようにあまり枠を作らず(本当は作れなかったのですが)社会に出たら好きな仕事に出会えたという場合もあるのです。(でも5年位で辞めてしまったんですけどね)

あと、昔からの夢でこの職業!みたいのがないのであれば、人間関係のよい職場で働けると仕事を続けることに繋がります。

あまり参考にならないことを長々と失礼しました。

Hikaruさんの社会人としての青春はこれから始まるのです。
頑張ってくださいね。
陰ながら応援しています。
Vさんへ
Vさんもそういう時期ありましたね。お疲れ様でしたv-290

私はなんか卒業証明書をもらったとき、逆に強く不安を感じてたかもしれない。
ここの数年間、台湾の景気は回復してるようですが、最近またいろいろな政治的な問題があって(恥ずかしい話だi-182)さらに不安になっています。

頑張れればきっと仕事が探せると思うんですが、一番大事な問題はやっぱり自分はどんな仕事が向いているのは今でもイマイチ分からなかったということです。

家にも他の問題がありますし(自分のお婆さんのことはね)・・・
なんか帰ってきてもあまり嬉しくなれません(><)
でもこれは現実だからね。

ちょっと時間がかかるかもしれませんが、頑張って仕事を探します!
応援してくれてありがとうございます(^^)
チェリーさんへ
台湾では新卒者を対象に就職セミナーも開いたりするんですが、中途採用も少なくないと思います。
ですから、たぶん台湾では『卒業する前に仕事先を早く決めないとダメだ』と思ってる大学生は多くないかもしれません。

私は『あまり枠を作らず』がいいと思いますが、少しぐらい作らないと逆に自分のやりたいことが分からなくなってしまうような気がします。

今の段階はね、せっかく日本語を勉強してるので、忘れないように日本語が使えるところで働いてみたいと思っています。
で、さらに細かく言うと、貿易会社に働いてみたいです。できるかどうかまた分かりませんが・・・

自分の適性を見極めた方がイイといっても、実は今の私はまた迷うところが多いです。
自分の想像だけでは足りません。
ちょっと時間かかりますが、やっぱり自分でいろいろなことを体験した方がいいじゃないかと思っています。
もちろん今でも不安がありますが、頑張ってみます!

チェリーさんのコメントは参考だけでなく、励みにもなっていますよ。
本当にありがとうございました。v-290
遅れながら
卒業おめでとうございます!
うおー、Hikaruさん社会人になりゆくんですね。
仕事の場で活躍できるよう、応援していますよ!

初めて仕事したとき・・・。
うーん、確かに「やっていけるかしら?」という不安もあったんですが。
いざやってみて、自分の思い通りに行くことといかないことがあるなあと思いました。
やりたくないことでもやらなきゃいけないし。こうして大人になっていくのかなと。
でもお給料の日は嬉しかったですw

私は結構職を移っているのですが、職場によって常識が違うということを覚えたので、酷いことを言われても「こんなこと言われるのは今だけ」と深く落ち込むことはなくなってきたように思います。
実際「駄目な人」と言われても、ほかの職場に行ったら「いろんなことできるね」と言われたりしますし。

Hikaruさんも、もし働いていく上で困難にぶち当たっても「なにを~」位の噛み付くような気持ちでいてくださいね!
Hikaruさんを必要としている人たちがまだまだたくさんいると思います。
素敵な仲間に囲まれて働けるようになるといいですね。
俵丸さんへ♪
そうなんですか~俵丸さん初めて仕事した時にも不安があったんですね。

なんというか・・・自分の大学の親しい友人は大学院に行く人が多くて、または公務員試験を受けて図書館で働いたりするのもあって、普通の企業や会社で働く人はまだそんなに多くないから、私みたいの心配はあまりないみたいです。

公務員試験を受けるのも一つの手なのかもしれませんが、私にはちょっと向いていません。

若いうちにまたいろいろなことを体験してみたいんだけど、その初めの第一歩を踏み出すのはちょっと勇気要ります。

いつも暖かいコメントいただいて、そして応援してくれてありがとうございます!ちょっと時間かかるかもしれませんが、頑張ってみます!
素敵な仲間に囲まれて、自分の勉強したことも活かせるところで働けばいいですね♪
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。