Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

Long Vacation

category - つぶやき
2006/ 07/ 10
                 
さっきSMAPXSMAPで久保田利伸の『La La La Love Song』を聞いて、10年前のドラマ『ロング・バケーション』が懐かしくなってきた。

            

これからちょっと自分の高校時代のことを書いてみたいと思う。

私が高校生の時に同じクラスの男の子に告白したことがある。
元々はそのまま仲良い友達でいるはずなのに、いつの間にか彼のことを好きになっちゃった。
でも最初は本人に告白するつもりはまだなかった。
暫らく普通の友達で居たくて、そして自分の気持はどんな程度までなのか自分も観察してみたかった。
そして、なぜか自分の気持がクラスのある女の子にバレちゃって、その子が私が知らない間に勝手に彼に教えた。

このハプニングを知ってから、マジムカついた。
なんで勝手に言っちゃったの?
女心なんて信じられない!
でもその女の子とケンカするより、自分で本人に自分の気持を伝えるの方がマシだと思って、頑張って改めて告白した。
(あの時の自分は若かったなぁ~本当に!)
その結果、私は「見事撃沈」だけでなく、最後彼にも避けられてしまった。
なるほど~告白が失敗したら友達もできないんだね↓

その子がどういう風に彼に教えたか今でも分からないが、彼も成績落ちてて他のクラスに転入してしまって(うちの高校は毎学期成績でクラスを分ける)、会える機会も少なくなって、たまに廊下で偶然会っても、挨拶するだけであまり話さなかった。
高校卒業してから連絡も途絶えてしまった。
あの時、あの女の子を怨んでた。
もしあの時彼女は彼に何も教えなかったら、私も自分の気持をちゃんと確かめることができて、そして堂々と告白できるかもしれない。
又は告白しないまま、私達2人また友達で居られるかもしれない。

そういえば、あの時の私どうやってその悲しみを乗り越えただろう!?
なぜかあまり思い出せない。
少しは覚えてるけど、その後の気持の流れや乗り越えた時期のすべては覚えてない。
どうして??

えーと、過去の日記を見てみたら、実は4ヶ月前にもう書いた。
普段は平気な顔をしてるかもしれないが、やっぱりこのことは自分の心の奥にずっと存在していて、なかなか消えないかもしれない。
過去のことはもう既に過ぎてしまったけど、その時に残った傷は、やっぱり白昼の月みたいに、一見あまり見えないけど実は存在してる。
でも月はいつかまた丸くなる。
だから、いつか自分もまた自分なりの幸せを見付けられると思う。
ちょっと時間かかるかもしれないけどね。

最後はね、『Long Vacation』のセリフを他所様に送ると同時に、今日の記事も終わりにしたいと思います☆
「無理に走らない、焦らない、頑張らない」

つらい時、休みたい時にちゃんと休もう!
そして、またいつか頑張れるようになると思うので、その時、胸張って歩いていこう♪

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。