Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

ナンパ客

category - 仕事上
2006/ 07/ 05
                 
おととい店の常連客(っていうか、前から自ら「中国語ファン」と称する大学生♂達)がいきなり中国語で話しかけてきた。

『你好!(日本語で「こんにちは」みたいな挨拶言葉)』

私がお皿を下げしてた時に急に中国語を耳にして、思わず振り返ってみた。
なるほど、例の「中国語ファン」なんだ☆
そして、向こうがずっと手を振ってたので、私を呼んでるみたいで寄せてみた。

『你好!』
『你好!』
『あのー、ちょっと聞きたいんですけど、「你好」以外、また他の挨拶言葉がありますか?』
『えーと、台湾語の挨拶言葉もありますが・・・』
『あ!そうですね~台湾ですよね!』
『はい!台湾です。』
『で、(隣の男の子を指して)あのー、この人は「クルマダくん」っていう名前だけど、ちょっとあるバイトの子の電話番号を聞きたくて・・・』
『あるバイトの子って誰ですか?』
『あそこの髪の長いの子』
あれ!?ミヤオカさん!?実はコウサカさんの彼女なんだ。
『あの子ですか?』
『そうそう!そして、クルマダくんは男になるって!』
「男になる」!?何だよ~それは!
最初の話とは全然関係ないじゃん!

やっぱり男の子はいつもこの手を使ってナンパしてるの?
電話番号が聞きたいなら、本人に聞きなさいよ~もう~


後でまたバイト時間。四連チャンの最終日だ。
で、今日はなんと100名様の予約が入った!!!
どんなグループは100名があるの!?
会社全員で食べに来るの?
店のテーブル席+座敷席+カウンター(8)=104席だけだ。

今日はきっと大変疲れるような気がする
これを思うと本気に倒れそうだわ
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。