Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

台日関西青年フォーラム(3)

category - 遊び&体験
2006/ 06/ 21
                 
自分の発表は終わってから、次はどこから始めた方がいいかな・・・
いっそう先輩達の発表順で書こう~
そのため、ちょっと先輩達の発表した内容を拝借。
内容はちょっと硬いかもしれませんが・・・

            

フォーラムの趣旨:台湾認識と理解

台湾の概況について
首都:台北市
面積:36,000km2(約日本の10分の1)
人口:22,791,052(2006年3月)
貨幣:台湾ドル(1台湾ドル=3.5円)
言語:中国語(北京語)、台湾語、客家語、そのほか(原住民語など)
産業:農業1.84%、工業24.64%、製造業21.13%、サービス業52.43%
平均失業率:3.8%(2006年4月)
最低賃金水準:15,840台湾ドル/月

代表的な台湾企業
半導体産業、液晶パネル、ICチップ設計、OEM専門、PC産業、プラスチック産業、航空会社・・・

・大学への進学率はほぼ100%に達した。
・資本主義を採用した民主化国家で、経営環境が安定している。



私の専門は経済学科じゃないから、台湾の経済概況について知らないこときっとたくさんある。
だから、先輩達の発表した内容を少しでも自分の身に付けたらイイじゃないかなと思う。
しかもフォーラムに参加した日本の学生は、
『世界史や地理の授業では、台湾についてのことはほとんど載っていなかった』
『数十年前まで天気予報で台湾が消えていた』
という意見を提出したので、私は台湾の概況についてちょっと書くことにした。
台湾と日本、まさに『近くように見えるが実は遠い』って感じだ。

実は私が日本に来て、日本の学生のさまざまな質問について何度も脱力した。
『台湾はモンゴルの上ですか?』
『台湾は日本より北の方ですか?』
『台湾もコンビニがあるの?』
『台湾は日本より南だったら、日本より寒い?熱い?』
『台湾は中国と繋がってるでしょう?』
・・・などいろいろ。

えっと~モンゴルと北海道より北の国はアジアではあまりないでしょう。
少なくとも、あれは絶対台湾じゃないよ。
ある意味、台湾も日本と同じく周りは全部海です。
他の国と繋がってないよ、マジで!

それに、参加した日本の学生達は『大学への進学率はほぼ100%に達した』について興味があるらしい。
女の子はまた別として、実は肝心な問題は台湾の男性は軍隊に入らなければならないだ。
いわゆる「兵役問題」。
もし高校卒業して、大学に進学しないと、すぐ軍隊に入らなければならない。
時間は一年半ぐらいで、これはもう父の時代より短いんだ。
逃避というか、勉強好きというか・・・
だって、高校卒業してすぐ軍隊行ったら、帰ってきても大学の入学試験の内容はきっと忘れてしまう。
だから大学進学してからまた軍隊へ行く男の子も少なくない。

女性もいろいろな大変なことがあるとはいえ、実は台湾の男性も同じなのかも(^^;;
でも日本の男性は軍隊行かなくても大丈夫だよね。

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。