Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

台日関西青年フォーラム(2)

category - 遊び&体験
2006/ 06/ 19
                 
最近は疲れてるかな・・・
昨日の夜、記事を書いてて、ついつい寝てしまった。
コメントの返事も放置したままでごめんなさい。
起きたらもう朝6時半。
昨日サッカー試合の後半と大好きな堂本兄弟も見れなかった(涙)
朝起きたら、一番することはなんとニュースを見て試合の結果をチェックする!
朝ごはんより試合の結果みたいだ(笑)

あ!さっそく本題に戻るね。
興味のない方はスルーした方がいいと思うが、もし何の意見やコメントがあったら、遠慮なく教えてください。
宜しくお願いします☆



            

フォーラムの趣旨:台湾認識と理解

(私が発表した)テーマ:日本に来る前に持ってた日本(人)に対するイメージと日本に来てから実際に感じたことについて
(↑何回見てもやっぱりややこしく思う 笑)

【3】本音が見えにくい
元々本音を言いたくないか、相手を傷つけたくないか、自分は今でもあまり区別できない。
特に本音を言ってほしい時に言わないと、こっちはよく誤解してしまう。
これは台湾の友達(呉さん)の話なんだけど(ちょっと変な例だと思われるかもしれないが)・・・
ある日、呉さんは日本人3~4人ぐらい一緒に晩ご飯を食べに行った。
食事の最後、Hさんはいきなり『ボーリングでもしようか!』と言い出して、皆のテンションが急に盛り上がった。
呉さんもすごく嬉しく感じたので、『いいね~』と応えた。
そして、チームAとチームBとか・・・いろいろなことを決めて、店を出たら呉さんは『じゃ、ボーリングのできるところはどこ?』と聞いてみたら、Hさんは『え・・・と、私は行けないの・・・』と言った。
そして、他の日本の女の子も無反応。
「おいおいおい~さっきはボーリングの話をしてたじゃないですか?」と疑いながら、がっかりと感じてそのまま帰った。
っていうか、『ボーリングでもしようか!』とは本音じゃなかった!?
ただ雰囲気をもっと盛り上がるために言い出した建前なのか!?
呉さんも思わず「私達って、本当に友達なのか!?」と考えてしまった。
行きたい時には「行きたい」、行かない時には「行かない」、行けなくなる時には「行けなくなる」・・・とかはやっぱりはっきりと言ってほしいなぁ~

【4】排外主義→世界観がちょっと足りない
「日本人は排外主義」というイメージを持っている人も少なくないと思う。
もちろん、私が日本に来る前にもこれを知っている。
そして、これを一番感じさせたのはやっぱりバイト先の女の子(仮にEさん)だった。
過去にも記事に登場した例の上海の子がバイト始めたばかりの時に、私が一回Eさんとコウサカさん(←記事によく登場した 笑)の会話を聞いたことがあった。
ちなみに、私もその場に居た。もちろん店長は居なかった。

E『(嫌な口調で)どうして店長は外国人を雇うんだ?』
コ『まぁまぁ~別にいいじゃないですか?こういう異文化交流もええと思うよ。』

Eさんの言葉を聞いて、『やっぱり・・・』と感じ始めた。
こっちが日本語を頑張って勉強してるのに、お客さんの注文や話とかもほとんど聞き取れるし、どうして認めてくれないの?どうして排斥的な態度で接してくれるの?
私はあなたと同じく肌が黄色くて、瞳も黒いよ。
わけわからない。
もちろん、親切してくれた方々も多く居る。
そんな優しく接してくれた人達に本当にありがたく思ってる。
人生は本当に捨てたもんじゃない。
だから、また頑張れるような気がする。

ちなみに、私の台湾の大学のクラスメートの中にも外国人が居て、ミャンマー人、タイ人、マレーシア人など。
彼(女)達も中国語が喋れて、普通に台北の店でバイトしてるよ。
しかも店長にずいぶん可愛がられていると本人が言ったことがある。
私達も彼(女)達に対する態度もあまり変わらない。
大学一回生の時に、友達は彼(女)達にとって台湾の冬がきっと寒いと思って、どんなコートやセーターを買った方がイイとか・・・も教えてあげた。
他の友達はプレゼントとして送ったこともあった。
私達の考え方は、「彼(女)達は実家の家族と離れて、台湾に来てきっといろいろな大変なことがあるだろう。だから、台湾人としての私達は少なくても助けてあげなきゃ!」だ。
台湾人が助けてあげないと、誰が助けてあげる?
孔子の言葉『有朋自遠方來、不亦楽乎』のように思えて自然に表したかもしれない。
(日本語訳:友遠方より来る、また楽しからずや)
アジアでは、日本はとても現代的な国と思う。
だからこそ、日本の人たちが台湾だけでなく、他の国のことにももっと包容力と関心を持っていただければいいじゃないかなと思う今の頃だ。



これで、一応私の発表は終わった。
実は参加した皆さんもそれぞれのテーマについて発表した。
討論時間も終わってから立ち食パーティへ。
そこで他の学生と色々な意見を交換して本当に嬉しかった。
「食べるより話す!(笑)」みたいで、実はあまり食べなかった。
だって、パクパク食べると交流できないじゃん!(笑)
その続きはまたブログに書きたいと思う。お楽しみに♪

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

Hikaruさんこんばんは。
楽しみにしていた2だったので
連続でコメントせずにはいられないと。
ほんとにかなり楽しみだったので…

本音言わないってのも確かにそうですね。
僕のばあちゃんもその辺がどうしても
日本人と馴染めないと言っていました。
日本人って基本的に臆病で保守的なんだと思います。
自分の行動で何かが変わるのを、この例話の場合はその場の空気とか、
マイナスに変えてしまうのが怖いのでは
ないかな?と思います。何故日本ではこれが美徳なんでしょうかね。
あくまで僕の個人的意見ですが…
あとこの建前は、その、正直女の子に多いと思いました。
勿論そんなことない子も沢山いるし
腹割って話せるくらい仲いい子にはこういうケースは少ないかも。
多分人間関係で踏み込むのが下手なんでしょう、臆病だから。
凄く時間がかかるから、Hikaruさんの友達さんとずれがあったのかもしれないです。

あと排外主義もね、これはよくわかります。
ぶっちゃけ僕も外国の血が混じってるってだけで偏見の目はありました。僕の母もそうだったらしいです。
中身100%日本人でも駄目なんですね。

これも僕の憶測ですけど、日本人って国境が無いでしょう?
周囲全て海に囲まれて、海で国境を守られてる。
陸続きよりも入国は困難ですよね。

それで外国人に慣れてないんだと思います。
しかも臆病で急激な変化を怖がったり嫌ったり、
排外主義、というか排他的な考え方なのかもしれない。
排他的って要は保守的、今の形を守る現状維持を大事にするってことだから、
そういう気質なんだろうな~と。

とりあえず外国人に慣れて欲しいなって思います。
同じ人なんだしね、逆に慣れてる人は対応もまた全然違いますし。

国際フォーラム記事、1~2続けてとても興味深くて楽しかったです♪
排外主義→世界観がちょっと足りない
私の個人的な考えなので、あまり参考にはならないかもしれないけど少々意見を。
日本小さな島国で隣接した国が少ないから、昔は他の国との交流が殆どなかった為、閉ざされた狭い範囲で独自の文化を築いていってたけど、いざ他の国から交流を求められた時、あまりの文明や文化の違いに感動とともに「脅威」を覚えたんだと思う。
その頃の日本はまだ全然発達してなくて先進国とは程遠い国だったからね(^^;
親睦を求める国に対して素直に認められず「侵略される乗っ取られる」と悪い方に受け取ってしまったのが始まりかもしれない。
同じ日本国内でも違う地域の人は「よそ者」扱いする位に保守的で排他的な考えの強い人種が揃った国だから、海外の人に対してはもっとヒドイかも。
いまでこそ先進国の仲間入りして外に目を向けれるようになってはいるけど、保守的な考え方は根本的には変わらない。
強いものには巻かれろ、でも弱いものには強いぞ・・・って嫌な風潮がある。
アジア諸国の人に対する偏見と差別は、ちゃんと日本人がその国のいい所を知らないから。
報道やメディアで極一部の犯罪を犯してしまった人たちのニュースばかり取り上げて、悪いイメージばかり植え付けられてるから。
諸外国の勉強もしてないのに誤解だけしてる人が多いからかもしれません。
もっと開けたいい国になるにはまだまだ時間が掛かると思うけど、今の若者は「受け入れる」事への抵抗が少なくなってきてるし、良い方向に変わっていけたらイイナって思ってます(^^)
toyoさんへ
連続のコメントありがとうございました。

>あとこの建前は、その、正直女の子に多いと思いました。
そうですね。
なんか学校で皆と付き合うと、この建前は女の子に多いと感じてます。
男の子はまったく無いとは言えないけどね。
だからよく「どうしてこんな状況になってしまうんだろう!?」と考えてしまいます。

toyoさんは外国の血が混じってるが、生れ育ちも日本なので、中身は100%日本人といえるでしょう。
でも、やっぱり多少偏見の目はあるなんて・・・その人達にとって、やっぱり外見で人を判断してるんですかね!?

どうして日本の人は臆病で急激な変化を怖がったり嫌ったりするんですか?
すべての人は大阪のおばさん達みたいに、世話好きで暖かいハートを持ってたら良いですね(笑)

私はいつも相手の立場に立って考えたいと思うんですが、相手の状況が分からない場合、本当に「どこから考えた方がイイの」と迷ってしまいます。
主観的な偏見みたいな考え方も持ちたくないし、本当にこういう交流ができたらとてもイイことなんだと思います。

貴重な意見、ありがとうございます。
そして、こっちの返事は遅くなってすみません。
私が日本の人に疑問を持つ一方、日本の人もきっと台湾について疑問を持ってるかもしれません。
だからこういう交流を通じて、お互いにももっと相手のことを理解できたら良いですね。
桜さんへ
貴重なコメントありがとうございました。
そして、返事遅くなって大変すみません。

実は私も今回のフォーラムを通じて、自分と台湾のことを振り返ってみました。
台湾も周りに海ばかりで、隣接する国もありません。
日本の状況と似てるような似てないような・・・
距離的に言うと、台湾は日本と近く見えるけどあまり知られていないため、実は遠いです。
こんな時に、教育とメディアの報道の重要性を特に感じます。

自分が『日本の排外主義』と発表するとともに、もしかして台湾にも他のところで『排外主義』みたいな状況もあるかと・・・いろいろと考えてしまいます。
自分のさまざまな疑問に対して、答えをすぐ見付けるのはたぶんまた無理はありますが、せめて偏見や排外主義を持たずに平和でいけたらイイですね(^^)
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。