Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

恐ろしい

category - 仕事上
2006/ 06/ 12
                 
今日バイトはちょっと暇だったんで良かった。
また夜9時半過ぎなのに、もう閉店状態みたいだった。
(ちなみに、うちの店は11時半閉店)

ちょっと意外やねとか思ったら・・・なるほど!今日のワールドカップ!
だから、近くにある居酒屋さん(!?)で人がいっぱい居るわけ?

たぶん今日は暇だったので、例のコウサカさんは『今日何が食べたい?』と聞いてきた。
うわーー!!めちゃ嬉しい!!!
コウサカさんが自ら晩御飯を作ってくれるとは思わなかったよ!
普段は新しい店長がいつも焼き飯(または焼き飯と焼きそばのMIX)をくれて、正直言ってちょっとあきた。
しかも新しい店長となかなか仲良くなれない。
こっちから少し話しかけてもあまり応えてくれないから。
逆にコウサカさんは思いやりがあって、よく励ましてくれる。
このままじゃ、本当に惚れちゃいそうな予感が・・・(笑)
・・・なんてね。
でも本当にイイ人なんだ。

そして、例のミヤモトさんにちょっと関係があることなんだけど・・・
最近はミヤモトさんと同じ時間にバイトが終わったら、一緒に帰ることはなぜか決まりになってるみたいだ。
とはいえ、今まではただ2回目ぐらいだ。
先週は全然会ってなかった。
でも一緒に帰ることがやっぱり嬉しく感じるから、つい台湾の友達とバイトのヤマゾエさんに言ってしまった。
そしたら、女の子2人は全然相手も知らないのに、ほとんど同じ言葉を言い出した。

なんか恐ろしい~~~~

で、何を言い出したというと・・・
ある日バイトが終わってから、ヤマゾエさんは急に意味不明な発言が、
(ちなみに、この日はミヤモトさんはいなかった)

ヤ 『あれ?ミヤモトさんは?』
私 『何?ミヤモトさん?』
ヤ 『最近はよく一緒に帰るんじゃないですか?』
私 『まぁ~家が近いからね』
ヤ 『じゃ、何があるみたいな・・・たとえば恋とかさぁ~』
私 『恋!!いやいやいや~ミヤモトさんはもう彼女がいるんだよ。しかも彼はまた18才で、私とちょっと年齢の差があって、無理無理!』
ヤ 『無理じゃないよ~年齢とか関係なく直接奪ってきたら?』
私 『奪うって・・・できないよ、そんなの・・・』

確かにミヤモトさんもいい人だけど、でも奪ってくるなんてぜんぜん思ってないよ。
そんな悪趣味(!?)はないからね
っていうか、ヤマゾエさんは本当に『恋が苦手』なの?
本人はそう言ってた覚えがあるけど、私だって恋が苦手なのよ(涙)
それに、連続2人の女の子に『(ミヤモトさんを)奪ってきたら?』と言われてびっくりするというか、『女の子は本当に恐ろしいわ』と改めて感じた。

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。